社交ダンス初心者のための情報ブログ/ダンスウィズミー

Dance with me/ダンスウィズミー

未分類

社交ダンスの種類と種目【社交ダンス初心者のための情報ブログ】

投稿日:

 

社交ダンスの種類

 
社交ダンスは大きく分類して、
スタンダード(モダンダンス)と、ラテンアメリカンダンスの2つに分かれます。
 
 
また、競技で使用されるダンスだけでなく、パーティーにのみ使用されるダンスもあります。
 
スタイルとしては以下の2つに分類されます。
 
  • いろいろな人との交流を主な目的とするパーティダンス
  • パートナーと勝ち進んでいく競技ダンス
 
パーティダンスは、ズバリそのまま、パーティなどで楽しく踊るための一般的な社交ダンスです。
スタンダード(モダンダンス)がメインですが、競技種目に含まれないラテンダンスを踊ることもあります。
 
 
一方競技ダンスは、スポーツ的な色合いが濃いものになり、踊りを極めて勝ち進んでいくダンスです。
テレビのバラエティなどでも放送されたりしていますので、目にしたことがある方も多いかと思います。
 
 
以下では、競技ダンス(インターナショナルスタイル)の方にスポットを当てて解説していこうと思います。
 
 

社交ダンス(競技ダンス)の種目

 

社交ダンスは上でも書いたように、スタンダード(モダンダンス)とラテンアメリカンダンスの2種類に分かれていて、そこからさらに細かく種目が分かれます。

その中でも社交ダンスの競技種目として公認されているものが、
スタンダード5種、ラテンアメリカ5種です。

  • スタンダード5種

  • ラテンアメリカン5種
大抵の方が『社交ダンス』と聞いて、まず思い浮かぶ一般的な社交ダンスのイメージは、スタンダード(モダンダンス)ではないでしょうか。
 
 

スタンダード5種

 
スタンダード種目は全部で5種目あります。
 
 
弦楽器を用いた音楽で優雅に踊るのが特徴です。
 
服装は、女性はロングドレス、男性は燕尾服が基本になります
 
 

ワルツ 曲調:3拍子

 
スタンダードの基本ともいえるワルツ。
 
日本の競技ダンス界ではスローワルツ の事を「ワルツ」と呼び、こちらが主流になっていますが、世界的にはアップテンポなヴェニーズ・ワルツ等の方を「ワルツ」と呼ぶことが多いです。
 
 
スローワルツはゆっくりとした3拍子で、1拍目にアクセントのある音楽に合わせ、フロアを時計と反対方向(LOD/ラインオブダンス)に踊り進みます。
 
初心者さんはワルツから習うことが一般的です
 
 

タンゴ 曲調:2/4拍子

 
発祥は南米の港町と言われており、スタッカートの効いた音楽に合わせて、シャープなステップを用います。
 
上下運動(ライズ・アンド・フォール)のないフラットな踊りと笑顔を見せずに踊るのが特徴。
 
ダンスにスピード感とキレが必要になるため、社交ダンス初心者には難易度が高めなダンスです
 
 

ヴェニーズ・ワルツ(ウィンナ・ワルツ) 曲調:テンポの速い3拍子

 

競技ダンスの中で最も古く歴史のあるダンスで、最初にご紹介したワルツよりもテンポが速く、回転数の多い種目です。

世界的にはこちらのことを『ワルツ』と呼ぶことが多いようです。

また、伝統を守る目的でバリエーションを作らないように協定されており、決められた4つのステップ以外を用いることは禁止されています

 
 

スローフォックス・トロット 曲調:ゆったりした4拍子

 

フォックストロットのテンポを遅くゆったりとさせた音楽に合わせて、緩やかで流れるように踊ります。

リズムは4拍子で1拍目と3拍目にアクセントがあります。

ワルツと踊り方が似ていますが、ワルツは3拍子で回転が多いのに対し、スローフォックストロットは4拍子で回転が少なく、ほとんど前進と後退で構成されています

 
 

クイックステップ 曲調:テンポの速い4拍子

 

跳んだり跳ねたり、その名の通りスピード感のあるステップが特徴のダンスです。

楽しく軽快なクイックステップは、運動量が多く、スポーツ的な要素が多く含まれます。

さらに、スピーディーな動きに加えて優雅さも要求されます。

映画『Shall we ダンス?』で役所広司さんが、渡辺えり子さんのドレスの裾を踏んで、中断してしまったダンスがクイックステップといえばイメージがつきやすいでしょう。

 
 

ラテンアメリカン5種

 

ラテン種目も同じく5種目あります。

 
 

スタンダードよりも早いテンポのリズミカルな曲が多く使われます。

男性と女性が離れて踊るのも特徴のひとつ

 
 

チャチャチャ

 

チャチャチャはルンバとマンボの曲から派生した、軽快で歯切れがよく、
女性をキュートに見せてくれるダンスです。

1950年代初頭にキューバの作曲家がきっかけとなり、ニューヨークから発信されると、すぐにトレンドとなりました。

 

当時のダンスホールで女性たちがヒールのない靴で踊り、その際の床を蹴る音が、「チャチャチャ」と聞こえたことが名付けの由来ともいわれています。

 

基本的な動きはルンバと似ていますが、スピード感がルンバと比較して非常に早いです。

また、チャチャチャはその場で留まって踊ることが多い種目です

 
 

サンバ

 

ブラジル生まれの陽気でアップテンポなダンス。

社交ダンスのサンバは、リオのカーニバルで踊られるサンバを競技用にアレンジしたもので、音楽にも打楽器が数多く使われる一番賑やかな種目。

バウンスアクションと呼ばれる膝の屈伸運動を利用した弾むような動きが特徴です。

社交ダンス上級者向けのダンスといえるでしょう

 
 

ルンバ

 

1955年、競技ダンスの正式種目となったキューバ発祥のダンス。

その後にスクエアルンバ派とキューバンルンバ派とで論争が起き、1962年に英国教師協会がキューバンルンバを正式にルンバの基礎にすると発表。

 

それ以降、社交ダンスでルンバといえばキューバンルンバを指します。

ルンバは、ラテンダンスの中では比較的ゆったりとしたリズムと、滑らかな動きが特徴です。

男女の恋愛、揺れる心の切なさを表現した、濃厚で情熱的でドラマティックなダンスです

 
 

パソドブレ

 

スペイン生まれのパソドブレ。

闘牛で牛とマタドール(闘牛士)の入場時に流れる楽曲の総称として名づけられました。

 

社交ダンスの中で唯一男性が主役になれるダンスで、男性は闘牛士を、女性はケープや闘牛を表現します。

パソドブレはスペイン語で「ダブルステップ」という意味を持ちます。

 

他のラテン種目には無い独特なステップや動きなど、一番カッコよさを表現できるダンスです。

社交ダンス10種目の中でもパソドブレは魅せる要素の強い種目とも言われています

 
 

ジャイブ

 

1920年代のアメリカで、スイングジャズをバックにして踊られていたダンスステップが進化。

さらにイギリスへ渡りアレンジを加えたダンスがジャイブだと言われており、1960年代に競技ダンスの正式種目になりました。

 

跳ねるように踊る楽しげなダンスステップがとても魅力的で、思わず踊りだしたくなってしまうほどです。

 

もともとテンポが速めなスイングジャズの曲をバックに踊られていたものなので、アップテンポなロックンロール風の曲とも相性が良く、楽しみながら練習することができるでしょう。

しかし、ステップは複雑で難易度は高めです。

 
 

まとめ

 
いかかでしたか?
 
今回は社交ダンスの種類と種目についてご紹介しました。
 
ポイントとして
 
  • 社交ダンスの種類はスタンダードとラテンの2種

  • 競技ダンスとパーティーダンスのスタイルがある

  • 競技ダンスの種目はスタンダード、ラテンともに5種目ずつ

 

これから社交ダンスを始めたいと思っていらっしゃる方の参考になれば嬉しいです。

-未分類

Copyright© Dance with me/ダンスウィズミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.